超心理術で難事件を解決「メンタリスト」

シーズン7まであることからも人気の高さがうかがえます。
主人公のパトリック・ジェーンは、相手の行動、言動、表情などを巧みに見抜いてCBIの操作に協力し、事件を解決へと導きます。
いつも思いもよらぬ人が犯人で観ていて引き込まれる超心理術サスペンスの刑事ドラマです。

パトリック・ジェーンはメンタリストです。
そもそも警察官ではないパトリック・ジェーンがなぜ、CBIに協力しているのか?それは自分の妻子をレッド・ジョンに殺されたから。その捜査のためです。レッド・ジョンはCBIには任せておけない、逮捕できないから自らメンタリスト能力を駆使して捜査に協力しているんです。

メンタリストともいえるパトリック・ジェーンの視点がとても面白いです。
・考え事をしながら嘘をつけないそうで、容疑者に考えさせながら確信をつく質問をする。
・嘘をつくと喉が動く
など、とても興味がわきます。普段の生活でも役に立ちそうな内容が盛りだくさんです。
メンタリストのDAIGOも参考にしているとか。

ボスのリズボン、無口なチョウ、トイストーリーにでてくるカウボーイ人形のウッディに似ているリグスビー、まじめで美人で女性としては体格のいいヴァンペルトの5人が主な捜査官。
なかでも私のお気に入りは小柄でマッチョなチョウです^^
無口で読書好き。だけど尋問が上手なんです。チョウは独身だけど、恋人がいます。
恋人がいることが明らかになったのは、犯人がチョウの家に押し入って彼女を暴行した回があったから。
そのときのチョウの怒りっぷりときたら、いつも以上に激しかった。
普段は無表情で静かだけど、彼女のことになると真剣なのね。そこがカッコいいのです。

だけど一番の見どころは、パトリック・ジェーンの人をおちょくった感じかな。それが的確に犯人を突き詰めていくところ。表情も捜査も目が離せません。
1話観るとハマりますよ。

目の疲れにご用心

海外ドラマの面白さは、やはりシリーズものです。海外ドラマを日本で観る方法は、ケーブルテレビや、レンタルビデオの利用でしょう。

日本のドラマでしたら、週1で観るのが普通です。しかし、海外ドラマはまとめてみることができます。

仕事がお休みの日は、「今日はまとめて観るぞ」と意気込んでいませんか。宅配ピザを頼んで一日中テレビの前でビデオ鑑賞という人も多いのではないでしょうか。

これではせっかくの楽しい海外ドラマも、見終わった時になんか疲れたな~という感想で締めくくることになります。翌日の仕事に支障が出るようなテレビの見方はお勧めできません。
1本見たらコンビニまで散歩に行ってリフレッシュすると、より一層ドラマを楽しめます。自分なりのルールを決めて楽しむといいと思います。

体の疲れだけではなく目の疲れも心配です。目が痙攣することはありませんか。目が疲れると目の下がピクピク痙攣することがあります。
仕事ではパソコンを使い、くつろぐはずのお休みの日もテレビの画面に釘付けでは、目が休まりません。目の疲れを残さないためにも、目にいいサプリメントを摂るのもよさそうです。

海外に学ぶ日本のドラマのこれから

最近ドラマの視聴率が下がってきています。昔は25%稼ぐドラマもしばしばありましたが、最近は16%もでれば大ヒットといえます。テレビ全体の視聴率も下がっているのです。インターネットを始めとして娯楽の多様化により、余程の魅力がないと視聴者をテレビに向けさせられません。数字がでなければスポンサーもつかず制作費もしぼむ一方、ゆえに手の掛けたドラマが出来ない。と悪循環なのです。一方ケーブルテレビの加入者は増え、海外ドラマを目にする機会は昔とはくらべようもありません。潤沢な制作費と綿密に練られた脚本、確かな演技力。どれも今の日本のドラマ界にかけたものばかりです。演技がうまいとは言えないアイドルを主役にすえて10回やそこらで話を完結させなければならない脚本家や制作陣の苦労は忍ばれますが、やはりもし再び見ごたえのあるドラマを作りたいと願うテレビマンがいるのならせめて時間をかけてしっかりとした脚本を複数の作家につくらせるとか、安易に演技力のない俳優は使わないとか、しないといけないのではないでしょうか。海外ドラマの質の向上にペイチャンネルの登場は欠かせなかったものかと思われます。日本もアメリカ同様に多チャンネル時代に入っているのです。CMの入らないドラマを作れるようになればおのずと質も上がっていくでしょう。いつか日本のドラマがコンテンツとしてアメリカで「海外ドラマ」として紹介されるようになればいいですね。

高評価「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」

このザ・ソプラノズはエミー賞を17回も受賞した近年では一番高い評価を受けたドラマです。内容はニュージャージーのマフィアのボスが精神的な不調で精神科医にかかりセラピーを受け始めるところから始まります。ゴッドファーザーシリーズのように思えるのですがそこは現代のマフィア。時代の締め付けは容赦なくこの社会にも押し寄せています。家族との関係、裏社会の重圧、マフィアという反社会的組織を描いてバイオレンスも過激なシーンもありながら普遍的なテーマ。親子、夫婦など家族の問題を描き出し大変高視聴率をかせぎました。全部で六シーズン続き、どのシーズンも高い評価を受けています。このようなテーマで過激なシーンも織り交ぜながら人間の業や本質を浮き彫りにできるのも製作がペイチャンネルのHBOで規制があまりかからないゆえだと考えられます。日本でいうと悩める任侠ものといった感でしょうか。日本でもWOWOWなどで放送していますが、本国ほどには話題にはなっていないようです。マフィアの土壌が日本人にはなじみがありませんし、過激なバイオレンス描写は敬遠されがちなのかもしれませんね。しかし、一回あたりの制作費を二億円かけているという贅沢なドラマ作りはセットひとつにしても並みの劇場用映画なみのクォリティーがあり、見ごたえのあるものだと思います。非常に高い評価をうけネットワーク作品ではなくペイチャンネル作品にも関わらずエミーの作品賞をうけたドラマです。一見の価値はありそうです。

シットコムの楽しさ満載「フルハウス」

フルハウスは1987年から1995年まで放映された、シチュエーション・コメディー、いわゆる「シットコム」です。妻に先立たれた男性が三人の娘の子育てに奔走するコメディードラマです。父親とその親友、そして義理の弟の男三人が女の子たちを育てるということで色々事件が巻き起こります。義理の弟ジェシー役の俳優ジョン・ステイモスはそのハン一サムな容姿で世界中の女性の心をつかみ一躍スターになりました。日本ではフルハウスの後あまりおなじみではありませんでしたが、「ER」に出演して世界にいるファンたちを喜ばせました。このドラマは他のシットコム同様、淡々とした日常生活のなかにちょっとした事件がおこり散々笑わせて最後にはホロリとさせる、典型的なホノボノ路線のため、日本でもNHK教育で何度も何度も再放送されており、それゆえ にある世代の人たちにはとても有名なドラマです。三女のミシェルは一話の時点で9ヶ月、その可愛らしさは一家のアイドルでもあり視聴者のアイドルでもあります。演じたのは双子のオルセン姉妹です。赤ちゃんの時から国民的アイドルだったふたりは、現在実業界にも進出し、ファッションブランドを手がけており20代半ばにして推定資産は300億円以上ともいわれています。
アメリカでもっとも裕福な20代として有名になっているのです。しかしフルハウスでは家族の愛情に恵まれていた二人ですが、実生活では両親の離婚や自身の摂食障害など、必ずしも金銭同様に恵まれてはいないようです。

科学捜査にスポット「CSI:科学捜査班」

CSI:科学捜査班はラスベガスを舞台に最新の科学捜査を駆使して犯人を追い詰めていく科学捜査ドラマです。日本でも沢口靖子の「科捜研の女」や名取裕子の「法医学教室の事件ファイル」など鑑識や科学捜査に焦点をあてたドラマがたくさんあります。本来なら科学捜査と実際に事件を捜査する警察官は別だと思われますが、この手のドラマの主人公は実際に現場に出て捜査をしたり尋問したり銃撃戦まで展開したりします。しかし実際に使われている科学捜査の手法を使って難事件を解決していく過程は興味深く、犯人の動機や聞き込みなどから犯人を割り出す従来の刑事ドラマと異なり「動かぬ証拠」をつかんで犯人を特定して逮捕する科学捜査ドラマは多くの視聴者を獲得しています。このラスベガス編の人気により、マイアミとニューヨーク二つのスピンオフも出来ていて全て高視聴率をあげています。人気のドラマご当地物展開するとは大変うまい手法だとおもいます。またこの兄弟シリーズの出演者をお互いのドラマに出すクロスオーバーという方式でも人気の相乗効果を狙っています。ラスベガスではマトリックスのローレンス・フィッシュバーン、ニューヨーク編ではフォレスト・ガンプ、アポロ13のゲイリー・シニーズなどハリウッド俳優を主演に迎え演技陣も実力者揃いです。科学捜査をテーマにしたドラマではもっと「BONES」などが影響を受けているでしょう。国の東西を問わず科学捜査物は人気があるようです。

全部観ても一日の出来事「24」

知らない人は少ないでしょう。連邦機関CTUの捜査官ジャック・バウワーとテロリストとの攻防を一話一時間というリアルタイムの進行で追うドキュメンタリー的な手法の画期的なドラマです。画面を分割して同時進行の臨場感をだしたりしてスピーディーな展開は多くの視聴者の心をつかみました。新しいヒーロー像を演じたのは名優ドナルド・サザーランドの息子、キーファー・サザーランド。映画俳優として今一歩伸び悩んでいた彼ですが、この当たり役を得て多くの映画にも出演するようになりました。ジャック・バウワーは日本でもモノマネされたり、ご本人がCM出演したりしていたのでお茶の間でもすっかりおなじみになりましたね。キーファー自身このドラマでエミー賞とゴールデングローブ賞を受賞。世界的にも有名な俳優になりました。CSでも24時間マラソン放映をしたり、映画館で丸一日でワンシーズンを観るというイベントをしたりして話題づくりにも余念がありませんでした。テレビ放映が待てないファンは当然レンタルで観るために新シーズンレンタル開始のおりにはツタヤの前に行列なんて現象も起きました。近年では珍しいことです。
あまりの人気に映画化の話が何回も持ち上がっており、実際に企画も進行していたが、現在のところ製作は延期状態です。ファンには待望の映画でしょうから早く製作が開始されるといいですね。全部で8シーズンありますからジャックにしてみればトータル八日間の出来事です。それをこんなに長く続かせたストーリーテーリングの素晴らしさは海外ドラマならではの発想の斬新さですね。

謎が謎を呼んで大人気「LOST」

ロストはヒットメーカーのJ・Jエイブラムスが手がけたミステリーアドベンチャードラマです。本国で2004年に始まりました。全6シーズンです。最初に実験放送として視聴者の反応をみる「パイロット版」は約16億円の制作費がかけられたといわれています。飛行機の墜落事故である島で救出を待たなければならなくなった815便の生き残りたちの物語ですが、主要人物たちの裏の顔や過去の罪、など複雑なストーリーと様々張り巡らされた伏線、過去と現在、そして未来をもフラッシュバックのように行き来するジェットコースターのような展開が空前の反響を呼び、カルト的人気を得たのです。たくさん仕けられた謎に自分たちの解釈を披露しあうサイトもたくさん出来ました。一話完結が多い最近のドラマと違い、あわやっというところで終わる典型的な連続もののドラマで視聴者の興味をひっぱり続けました。島に現れる謎の生物、謎の先住民、謎の数字、謎の企業、非常にうまいストーリー展開でした。1シーズンごとにある程度の謎は解明されるのですが、またそれが謎が謎を呼ぶようになっていたりして高視聴率をキープしました。シーズンが進むと段々話も入り組んでくるようになり、理解するのに大変になっていきます。タイムスリップなどとパラレルワールドの要素が出てくるともう私なんかはお手上げになっていきました。最終シーズンには真田広之が重要な役で出演しています。海外の人気ドラマに日本人俳優が出ているなんて嬉しいですね。

真似をした?「コールドケース」

「コールドケース」とは未解決事件のことで、女刑事リリーを主人公に未解決事件専従捜査班の活躍を描いた作品です。おや?日本にも同じようなドラマが確かあったような・・・
そうです。渡瀬恒彦主演「おみやさん」ですね。あっちが真似したのかもしれませんね。
「コールドケース」は独自の手法をとったドラマでして、その事件が起こった時代と現在を交差させて描いています。とくに過去のシーンはその時代の社会情勢、風俗、ファッションやトレンド、カルチャーなどを忠実に再現していてバックに流れる当時のヒットソングとともに視聴者も一緒にタイムスリップしたような感覚になるよう作られています。主役のリリーも冷たい捜査官ではなく被害者や加害者の心情に寄り添うひとりの女性として描かれており、非常に魅力的です。最後には必ず犯人は逮捕されるのですが、全てがハッピーエンディングというわけではなく、その時代に翻弄された人間の業や感情が描かれて、刑事物というよりタイムスリップ人間ドラマという趣になっています。主演のリリー刑事ことキャスリン・モリスも2007年には来日しています。ドラマのなかでも非常に美しく日本人好みの華奢で繊細な美貌の持ち主ですが、インタビューを受ける彼女もリリー同様とても知的で素敵な女性のようです。このドラマは当時のヒットソング等を多用していて著作権などの問題がありDVD化が難しいといわれているようです。放映していたらぜひ見てみてくださいね。

お下劣だけどハートウォーミング「カリフォルニケーション」

このドラマは「デクスター」と同じペイチャンネルのショウタイムが手がけている30分完結のドラマです。これは絶対日本ではリメイク出来ない海外ドラマといえるでしょう。主演はⅩファイルでモルダー捜査官を演じたデビッド・ドゥカヴニー。ストイックなモルダーとまったく対称的な役柄で視聴者を驚かせました。クスリとアルコールとSEX中毒の中年の小説家ハンクのハチャメチャな日常と別れたガールフレンドへの未練、彼女との間に出来た娘への愛情を描いているのですが、半分くらいは女性の裸が映っているのではないかというような内容。さすがペイチャンネルの海外ドラマSEXシーン、排泄物、吐寫物がわんさか出てきます。そんな酷い描写にも関わらず、なぜか最後に残るのは家族愛とか中年の危機の切なさとか友情の大切さとかそんなものなので不思議です。ゆえに作品評価もなぜか高くゴールデングローブ賞の主演男優賞などを獲っています。またシーズン中に主演のデビッドがほんとうにSEX中毒でリハビリ施設に入所したことも視聴者に大きな衝撃を与えました。ある意味リアル!?すぎて役作りなしで地で演じているのではないかというデビッドに関しては、災い転じて福をなす。モルダー捜査官というあまりにも有名な当たり役を持っているがゆえの足かせをうまくはずすことが出来たドラマといえるでしょう。日本ではFOXチャンネルが放送しています。昼間には放送できないのか深夜帯でやっています。