謎が謎を呼んで大人気「LOST」

ロストはヒットメーカーのJ・Jエイブラムスが手がけたミステリーアドベンチャードラマです。本国で2004年に始まりました。全6シーズンです。最初に実験放送として視聴者の反応をみる「パイロット版」は約16億円の制作費がかけられたといわれています。飛行機の墜落事故である島で救出を待たなければならなくなった815便の生き残りたちの物語ですが、主要人物たちの裏の顔や過去の罪、など複雑なストーリーと様々張り巡らされた伏線、過去と現在、そして未来をもフラッシュバックのように行き来するジェットコースターのような展開が空前の反響を呼び、カルト的人気を得たのです。たくさん仕けられた謎に自分たちの解釈を披露しあうサイトもたくさん出来ました。一話完結が多い最近のドラマと違い、あわやっというところで終わる典型的な連続もののドラマで視聴者の興味をひっぱり続けました。島に現れる謎の生物、謎の先住民、謎の数字、謎の企業、非常にうまいストーリー展開でした。1シーズンごとにある程度の謎は解明されるのですが、またそれが謎が謎を呼ぶようになっていたりして高視聴率をキープしました。シーズンが進むと段々話も入り組んでくるようになり、理解するのに大変になっていきます。タイムスリップなどとパラレルワールドの要素が出てくるともう私なんかはお手上げになっていきました。最終シーズンには真田広之が重要な役で出演しています。海外の人気ドラマに日本人俳優が出ているなんて嬉しいですね。