コワーイ「デクスター 警察官は殺人鬼」

 これはコワいドラマです。別にオバケがでてくるわけでもないのですがとにかく描写が恐いのです。アメリカではショウタイムというペイチャンネルでの放映ですが当然といえば当然の内容。シリアルキラー(連続殺人鬼)としての本性と優秀な鑑識警官としての表の顔を使い分けているデクスター。几帳面で完璧主義、殺人に関しても同様で常に完全犯罪。幼少時からのこの恐ろしい性癖を見抜いた養父によって手をかけるのは法では裁けない凶悪犯だけと教え込まれたデクスター。被害者は本当に酷い奴らだけなので見ているほうは一種爽快感さえ覚えてしまい殺人鬼のデクスターに共感してしまうのです。敵討ちの感覚ですね。ねっ殺人鬼に共感するようになるドラマほど恐ろしいものがあるでしょうか。日本では年齢制限なしの放映ですが本国ではレイティングの制限があり青少年は見られません。日本でも堺雅人主演で類似のドラマが作られました。ごらんになった方はわかると思いますが、日本版は殺人を犯すわけではないですが、本編はもっとエグイ殺人描写です。意外とアメリカでは作品としての評価も高くゴールデングローブなどの常連ですが、ドラマと同様主演のマイケル・C・ホールも話題をふりまいています。義妹役のジェニファー・カーペンターとの結婚とすぐの離婚。そしてマイケル本人のガン闘病などです。現在もシリーズは続けようとしているようですので、また新たな展開をみせるのかもしれません。