最強美女!? 「地上最強の美女バイオニック・ジェミー」

「地上最強の美女バイオニック・ジェミー」は1977年から日本で放映されたとSFドラマです。「イカハゴクヒジョウホウサイコウキミツバイオニックソシキイショク」という人工音声で始まるドラマをドキドキしながら待っていた女子も多かったのでは? 女の子が超人的パワーを発揮しての敵を倒すなんてことはなかなか考えられなかった時代。あんなに速く走れたら、あんなに耳が良かったらと自分もバイオニックになりたいと憧れたものです。もともとは「600万ドルの男」というドラマのスピンオフ作品として誕生したこのドラマ。 
元プロテニスプレーヤーのジェミーはスカイダイビングの事故で瀕死の重傷を負います。そこで恋人である「600万ドルの男」スティーブが自分と同じバイオニック移植手術を受けさせ、両足、右腕、右耳が超人的なパワーをもつバイオニックウーマンとして再生することとなるのです。そしてこの手術をしてくれたOSIという組織のために悪と戦う諜報部員としての顔と学校の教師としてのふたつの顔を持つことになります。主演のリンゼー・ワグナーは日本人好みの美女で大変人気がありました。本国でもエミー賞を受賞するなどして「ジェミー」が本編の「600万」を上回るようになりました。主演俳優二人の不仲なども噂されドラマ上のスティーブとジェミーの仲も立ち消えとなりましたが、最終的には90年代に製作されたスペシャルで結婚に至ったということです。現在は「バイオニックウーマン」というリメイクドラマも制作されています。